今日のニュースチェック:レイ・カーツワイル氏がGoogleのチャットボット開発に携わっていた

シンギュラリティについてはマトリックスの世界観とか火の鳥とかぼんやりと「未来ですよね」ぐらいにしか調べておらず、レイ・カーツワイル氏の書籍とか手に取ったことすらありませんでした。

ただ最近になって人工知能・VRやAR関連の話題が増えるに従い、彼の名前やシンギュラリティそのものを取材時にワードとしてしばしば聞くようになり、改めて書籍等々手に取っている次第でございます。

ということでレイ・カーツワイル氏がGoogleで働いていた頃の取り組みが実はチャットボットとして今、世の中に出てきてるそうです。チャットボットはバズワードなので飛びつくと正直火傷が激しいとは思いますが、その裏にある思想やインターフェース論などは個人的にも好きなので、しばらく追いかけていく予定でございます。

調達関連

人工知能・チャットボット

VR・AR関連

About the author

kigoyama

Japanese tech blogger and a co-founder of The Bridge

Add comment

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

By kigoyama